ただ、ただ上を目指すだけ 意気込みだけは2人前。このままじゃ終わらない技術屋の戯言。

人材育成とプロジェクトの進捗がやりがい

システムエンジニアの管理職がやりがいを感じるポイントとして挙げられるのが人材の育成だ。IT系の企業は人材不足に陥っているところが多く、早急に優秀な人材を得たいと考えている。そのため、管理職にかかる責任は大きいといえる。

人材の育成は長期的な時間を必要とする。すぐに結果が出てくれないという点は苦労する部分でもあるが、人材育成が成功したときの達成感は管理職にしか味わえない魅力となる。人材育成にあたって、自分が持っている技術力を伝えていく作業もやりがいの1つだ。

自分が時間をかけて得た技術を人に伝えることで、自分の経験を活かしていける。目に見えて技術力がアップしていれば、それは自分の働きによるものが大きい。

プロジェクトに関してもやりがいを得られるポイントがある。システムエンジニアはプロジェクトをこなすときにチームを組むことが多い。そのプロジェクトチームのリーダーを担うのが管理職であるケースも多いと言える。

プロジェクトリーダーになることで、自分の指示でチームを動かすことができるだろう。自分の指示に従って作業が進んでいく部分の面白さは、その立場にいる人だけが味わえるものであるため、やりがいになるはずだ。

プロジェクトリーダーが仕事の進み具合を良いものにするためにはコミュニケーション能力も必要になるだろう。上手くコミュニケーションを取ることによって、チーム内のムードが良くなり、円滑な仕事運びが期待できるだろう。良いチームを作り上げて、質の高い製品が出来上がれば、チーム全員で喜びを分かち合えるというやりがいも待っている。