ただ、ただ上を目指すだけ 意気込みだけは2人前。このままじゃ終わらない技術屋の戯言。

Category Archives: システムエンジニア

システムエンジニア管理職の忙しさ

システムエンジニアの管理職は、3つの種類に分けられる。1つ目は一般的な企業と同じように部長や副部長などの役職に就くケースだ。システム開発の現場で業務を行うわけではなく、重要事項の決定や社員への指示が主な役割となる。

2つ目はプロジェクトマネージャーとなり、システム開発の責任を担うケースである。こちらは通常のシステムエンジニアと業務内容は似ているが、クライアントとの話し合いやスケジュールの決定などより重要な仕事を任されることが多い。

3つ目は採用担当者となる場合だ。IT業界は業務の拡大や人員が不足した時のみに求人募集をすることが多く、定期的に新入社員を採用している企業はごくわずかである。そのため部長やプロジェクトマネージャーと採用担当を兼任している場合が多いと言えるだろう。

3つのケースによって忙しさも異なる。システムエンジニアは非常に多忙な職種だが、1つ目のケースは現場の作業がないのでそれほど多忙ではない。ただし、ミスが多発した場合はクライアントへの挨拶回りなどで忙しくなることもある。

対して2つ目は通常の仕事に加えて、重要な任務もあるので多忙となりやすい。採用担当者だけを担っている場合は実際に面接を行う時期は準備や審査で忙しくなるが、それ以外の時期は時間に余裕があるだろう。管理職と言っても業務によって仕事や忙しさが異なるため注意が必要だ。システムエンジニアの管理職として就職する場合は、必ず企業の募集要項などをチェックすることが大切である。