ただ、ただ上を目指すだけ 意気込みだけは2人前。このままじゃ終わらない技術屋の戯言。

Tag Archives: Itスペシャリスト

専門職を目指す?システムエンジニアの将来

システムエンジニアのキャリアパスを考える際、かつては管理職一択だったと言えよう。プログラマからスタートし、システムエンジニアを経て、プロジェクトリーダーになり、プロジェクトマネージャーを経験して管理職を目指すという流れが当然と考えられてきたのだ。特定の分野を極める専門家(スペシャリスト)はリーダーの素質に欠けるため管理職になれない人、というマイナスのイメージを持たれてきた。

ところがプログラマなどの中には、この流れに乗ることを良しとせず、ずっと現場でものづくりをする技術者でいたい人が少なからず存在している。

アメリカでは専門職の立場を軽んずることなく管理職であっても口出しできない体制が作られてきている。日本でも近年、システムエンジニアやプログラマなどの技術者のキャリアパスとして、管理職ではなく専門職になるという選択肢が広がりつつあるのだ。

2002年に定められたITスキルの標準(IT Skill Standard/ITSS)ではIT技術の分類を行い、ITのプロフェッショナルの育成に必要な具体的な指標を提示し、ITアーキテクトやITスペシャリスト、エデュケーションといったジャンルを体系化した。

こういった社会状況を反映してIT業界でも、上下関係なしに単に職種が違うものとしてプログラマやシステムエンジニアを扱う企業も出てきている。専門職として中途採用され高い給与を貰う人も珍しくなくなった。専門職の重要性の認知が進んだ結果と言えるだろう。